あばかれる中国のゲシュタポ

20年以上にわたり、中国では影の治安部隊が市民を恐怖に陥れてきた。何のとがめも受けないこの治安部隊「610弁公室」を中国研究者は「中国のゲシュタポ」と呼んでいる。

           クレジットカード決済・銀行振込

610弁公室」は超法規的な存在であり、精神修養法である法輪功迫害・根絶するだけの目的で設置された。当時、法輪功を実践もしくは学んでいた中国人は、1億人に上っていた。

中国の高官はこの存在を隠そうとしてきたが、最近の動きから、この極悪非道な機関の実態が明らかになりつつあり、中国国内の流れを変えている。

―――――
参考リンク

https://jp.usembassy.gov/ja/annual-report-on-international-religious-freedom-ja/
信仰の自由に関する国際報告書を発表
https://www.epochtimes.jp/p/2021/05/73478.html
米、法輪功弾圧機関「610」の元幹部を制裁 関係者「中国当局への警告」

制裁を受けたのは成都市邪教問題の防止と対応指導チーム弁公室(「610」弁公室とも呼ばれる)の元主任、余輝(Yu Hui)氏だ。これは、1999年に中国当局が法輪功弾圧政策を開始以来、米政府による初めての制裁措置である。

〈共産主義幽霊が世界を支配している〉再生リスト

 
関連記事