米コストコ 中国製ソーラーパラソル40万本をリコール

米ホールセールクラブ(会員制倉庫型卸売・小売)チェーンのコストコ中国製ソーラーパラソル数十万本を棚から撤去するようです。当局によると、誤作動で発火する恐れがあるとしています。

米国消費者製品安全委員会(CPSC)によると、この製品の誤作動に関する報告が6件あり、そのうちの1件では誤作動により生じた煙を吸い込んで、一人が入院したといいます。

これらの屋外用ガーデンパラソル(パティオ傘)は中国で製造され、カリフォルニア州に拠点を置くサンヴィラ(SunVilla)社が米国に輸入しました。CPSCによると、パラソルのソーラーパネルに内蔵されているリチウムイオン電池が過熱し、火災や火傷の危険性があるとしています。

CPSCは、消費者に製品の使用を中止し、ソーラーパネル・パックを取り外すよう求めています。また、ACアダプターでの充電も避けるよう呼びかけています。

2020年以降、このパラソルは米国とカナダのコストコで40万本以上販売されました。

サンヴィラ社とコストコは、把握している購入者全員に連絡を取り、全額返金に対応しています。

〈字幕版〉

 
関連記事